ポップメゾンⅡというカードローンはあまり知られていない

足利銀行カードローン「ポップメゾンⅡ」

銀行の個人向け融資で最も大きな金額となるのが、おそらく住宅ローンではないでしょうか。

 

 

住宅ローンは低金利でも、返済期間が何十年にもなるため、結果として銀行の利息収入は多くなります。住宅ローンをぜひとも自分の銀行で組んでもらいたいのは、足利銀行とて同じこと。

 

そこで足利銀行では、足利銀行の住宅ローンを利用している方専用のカードローン「ポップメゾンⅡ」を用意しています。そこで、ポップメゾンⅡの申込条件や必要書類などについて知っておきましょう。

 

ポップメゾンⅡの申込条件

足利銀行のホームページによりますと、カードローン「ポップメゾンⅡ」の申込条件は、以下のようになっています。

 

・足利信用保証株式会社の保証が受けられる方
・契約時の年齢が満20歳以上60歳未満の方
・足利銀行の他のカードローンの契約をしていない方
・安定した年収のある方
・足利銀行で住宅ローン、リフォームローン「住まい快適」または住宅金融支援機構(フラット35含む)を利用している方
・据置期間を除いた返済の実績が1年以上ある方

 

やはり住宅ローンを利用している方に向けられた商品であるため、一般的な銀行カードローンよりも利用条件が厳しくなっています。ネットで申し込み、来店不要の契約ができるオリックス銀行の審査条件と比べてみても、厳しい申し込み条件となっているのが分かります。

 

申込条件を分析してみる

まず、契約時の年齢は満20歳以上60歳未満でなければなりません。他のカードローンよりも少し上限年齢が低めとなっています。これは、住宅ローンとの同時利用を想定しているカードローンゆえ、収入がガクンと落ちる60歳以上は厳しいと判断してのことでしょう。

 

また、契約期間は1年ごとに自動更新されますが、満65歳の誕生日以降最初の更新を迎えると、それ以降の更新は行われませんので注意してください。

 

足利銀行には様々なカードローン商品がありますが、教育ローンのカードタイプに関しては、すでに契約をしていてもポップメゾンⅡに同時申し込みができます。それ以外のカードローンにつきましては、解約をしてから改めてポップメゾンⅡに申し込みをしなければなりませんので、解約手続きを忘れないようにしましょう。

 

「住宅ローン利用者のためのカードローン」と銘打ってはいますが、実際には住宅ローンだけではなくリフォームローンを利用中でも申込条件には合致します。足利銀行でリフォームローン「住まい快適」を利用している方は、ポップメゾンⅡに申し込んでも悪くないかもしれません。

 

返済実績1年以上という条件も、住宅ローンやリフォームローンと同時にポップメゾンⅡを申し込めば、返済実績に関係なく申し込めますので、同時申し込みが断然お得ですね。

 

ポップメゾンⅡの必要書類

次に、ポップメゾンⅡの必要書類を見てみましょう。こちらも、ポップメゾンⅡの商品詳細ページによりますと、以下のような書類が必要となります。

 

・ローン申込書
・本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)
・前年の所得証明書類(住民税決定通知書、源泉徴収票、公的機関の発行した所得証明書。限度額200万円、300万円の場合)
・返済用口座の届出印

 

住宅ローンに申し込む際にはかなり多くの書類が必要になりますが、それと比べるとポップメゾンⅡの必要書類はさほど多くありません。

 

住宅ローンの返済を証明する証明書も、足利銀行で住宅ローンを利用し口座引き落としをしているならば、それで十分に証明になるということで、必要としないのしょう。

 

前年の所得証明書類は、住宅ローンを組んでいる本人の書類が必要となります。よって、専業主婦がポップメゾンⅡに申し込むことはできません。

 

ローン申込書は、足利銀行の窓口に用意してありますので、利用者が用意する必要はありません。その他、保証人も担保も特に必要ないのは、通常のカードローンと何ら変わりがありません。

 

足利銀行で住宅ローンを検討されている方は、それと合わせてポップメゾンⅡを検討してはいかがでしょうか。

 

専業主婦の方で借り入れ先を探しているのであれば、他の専業主婦対応の銀行から見ておいた方が良いです。特に注目をしておきたいのがソニー銀行の主婦対応カードローンで、来店不要で申し込みから契約まで進められる大きな利点があります。